無病息災を願う端午の節句に合う五月人形

無病息災を願う端午の節句に合う五月人形

日本では昔から続く慣例行事というものがあり、それぞれに大きな意味を持たせているのがポイントです。例えば毎年5月にある端午の節句の場合は、世の中の男の子を祝福している日で五月人形を設置して健康や家内安全を祈願するときです。また赤ちゃんで長男がいる場合は、五月人形に無病息災という願いも含ませるのが基本となります。いまからはじめて長男を迎えるという家庭も多いでしょうが、その際はどんな五月人形を買えばいいのかとお悩みになるものです。簡単にここでレクチャーをすると、まずは健康祈願を優先にするのがポイントになります。金太郎がその役割を担っている存在で、以前は脇飾りと称されてきました。鎧や兜の置物の左右に設置をするのが特徴で、力強くて逞しい子に成長をするようにと願掛けをするわけです。それ以外に端午の節句で好まれる五月人形は、戦国武将の鎧をモチーフにした置物です。徳川家康や伊達政宗が人気どころのデザインです。

五月人形を展示するのに適している期間とは

五月人形の展示や飾り付けを行う期間は、厳密ではないもののある程度は決まっています。通常は5月の初めから端午の節句である5月5日までと言われており、日本の伝統的な行事である端午の節句に合わせて、子供の健康や成長を願って飾るのが一般的です。 とはいえ五月人形の飾り付け期間は、家庭や地域の習慣によっても異なることがあります。例えば一部の家庭では4月から早めに飾り付けを行うことがありますし、展示場所やイベントによっても変わってくるからです。5月の初めから5月5日までという基本的な要素を遵守するようにして、それ以外は自分なりに解釈して自由に変更するのも良いでしょう。 おすすめなのが、端午の節句である5月5日を中心として、数週間から1ヶ月程度飾るというものです。この方法ならばもっとも重要な時期は飾って楽しむことができますし、それ以外の時期も飾ることができるので、長きにわたって楽しめます。とりあえずは端午の節句の辺りを守ってさえいれば間違えることはありません。

五月人形に関する情報サイト
五月人形ナビ

五月人形は伝統的に男の子の健康や成長を願うために作られるものですが、かつては武家社会などの一部の上流階級に限って用いられていたものでした。それが、江戸時代になると庶民の間にも広まり、現在では家族みんなで子供の成長を祝うとともに、確認するようになったのです。元々は端午の節句として執り行われていたイベントでしたが、今では子供の日と呼ばれるようになっているので、そちらの呼び方の方が馴染みがあるかもしれません。

Search